ドイツ ・トレンツエレクトロニック社のZYNQモジュールTE0720を中心に製品を販売しています

TE0722 Zynq DIPFORTy1 “Soft Propeller”

TE0722(Zynq DIPFORTy1 ソフトプロペラ)は、Xilinx XC7Z010CLG225搭載の産業用Zynq-7000 SoC モジュールです。1.8cm × 5.1 cm のDIP 40形状にZYNQ XC7010と16MByte SPIフラッシュメモリ等が実装されています。

DIP40ピン形状だから、ブレッドボードに搭載して、すぐに実験することもできます。
非常に小型なので、いろいろなところに組み込めます。

価格10,260円(税抜・送料込み)

TE0722 Zynq DIPFORTy1 “Soft Propeller” の特長

    • Xilinx ZYNQ-7 XC7Z010CLG225搭載
    • Dual Core ARM A9
    • 16 Mbyte SPI Flash (primary boot)
    • 33.333 MHz クロック (MEMS オシレータ)
    • DIP40 形状
      – 2 × 20 ピン
      – 本体サイズ 18 × 51 mm
    • 利用可能なPL側 I/O : 46 ( + 3 入力専用)
      – DIP40 ヘッダーピン : 34 I/O
      – XMOD J1 : 6 I/O
      – XMOD J2 : JTAG + 2 I/O ( または 3 input + 2 I/O)
      – XMOD J3 : 4 I/O
    • 3.3V 単電源
    • RGB LED (PL I/O に接続)
    • “Done” LED (inverted polarity)
    • ユーザーLED (ARM CPU MIO GPIO)
    • Micro SDカードソケット (MIO, ZYNQ secondary boot media)
    • Sil1143 環境光センサー
    • 動作保証温度 -40℃ ~ +85℃

ドキュメント

TE0722に関するドキュメントです. リンクをクリックするとTrenz Electronic公式ページにアクセスします.

参考回路図
部品配置図
基板イメージ(表)
基板イメージ(裏)

特電オンラインショップへ