ドイツ ・トレンツエレクトロニック社のZYNQモジュールTE0720を中心に製品を販売しています

リファレンスデザインのダウンロード

以降のチュートリアルではZynqBerryボードをリファレンスデザインに沿って実際に使ってみます。

リファレンスデザインのダウンロードは次のリンクから行います。

http://www.trenz-electronic.de/download/d0/Trenz_Electronic/d1/TE0726.html

リンク先のディレクトリの構造とダウンロードできるファイルの内容は以下のようになっています。
後のHello Worldを表示するのに用いるファイルは
Reference Designs / 2015.4 / test_board /TE0726-test_board-vivado_2015,4-build~.zip
です。

hp_directory

下の画面からzipファイルのダウンロードを行います。

project_download

リファレンスデザイン中のファイルの詳しい説明やチュートリアル等は以下のリンクとなっています。
このチュートリアルでのHello Worldは以下のリンクの
Design Environment: Usage → Reference-Design: Getting Started
に沿って行います。

https://wiki.trenz-electronic.de/display/PD/Project+Delivery

リファレンスデザインの cmd ファイルの説明

ここではリファレンスデザイン中の cmd ファイルについて大まかな説明を行います。
より詳しい説明は このリンク を参照してください。

design_basic_settings.cmd

他のcmdファイルのための設定を行います。
他のcmdファイルの実行前に必ず設定することになります。

design_run_project_batchmode.cmd

リファレンスデザイン中の設定ファイルとソースファイルを用いて、Vivadoプロジェクトを作成した後、全てのハードウェアおよびソフトウェアのビルドを行います。
test_board/prebuilt/TE0726-0x/
以下の全てのファイルは、
このコマンドを実行することで作成することができます。

design_clear_design_folders.cmd

v_logVivadoプロジェクトを削除します。
すでに作成されたprebuild内のファイルは残ります。

vivado_create_project_guimode.cmd

リファレンスデザイン中の設定ファイルとソースファイルを用いて、Vivadoプロジェクトを作成した後、Vivado GUIモードでこのプロジェクトを開きます。(ビルドは行われません。)

vivado_create_project_batchmode.cmd

リファレンスデザイン中の設定ファイルとソースファイルを用いて、Vivadoプロジェクトを作成します。(ビルドは行われません。)

vivado_open_existing_project_guimode.cmd

作成されたVivadoプロジェクトをGUIモードで開きます。

sdk_create_prebuilt_project_guimode.cmd

SDKのプロジェクトを作成します。プロジェクト作成に利用されるhdfファイルは、design_basic_settings.cmdの 変数であるSWAPPおよびPARTNUMBERにより指定される以下のパスにより決定されます。

test_board/prebuilt/hardware/<PARTNUMBER>/<SWAPP>/*.hdf

program_flash_binfile.cmd

zynq専用のコマンドです。
JTAG
を通じてフラッシュメモリにBOOT.binの書き込みを行います。

書き込みにはSDK Programmerが利用されるのでSDKのパスが通っていることが必要となります。
書き込まれるBOOT.bindesign_basic_settings.cmdの変数であるSWAPPおよびPARTNUMBERにより指定される以下のパスにより決定されます。

test_board/prebuilt/boot_images/<PARTNUMBER>/<SWAPP>/
BOOT.bin

program_flash_mcsfile.cmd

zynq では対応していないコマンドです。
JTAG
を通じてフラッシュメモリにmcsファイルの書き込みを行います。

program_fpga_bitfile.cmd

JTAGを通じてFPGAbitファイルを用いて書き込みを行います。
書き込みにはLabToolsが利用されます。書き込まれるbitファイルはdesign_basic_settings.cmdの変数であるSWAPPおよびPARTNUMBERにより指定される以下のパスにより決定されます。

test_board/prebuilt/hardware/<PARTNUMBER>/<SWAPP>/*.bit

labtools_open_project_guimode.cmd

LabToolsのプロジェクトを作成し、GUI モードで開きます。