「ZynqBerry」 TE0726(ジンクベリー)

「ZynqBerry」 TE0726(ジンクベリー)

TE0726-03M “ZynqBerry(ジンクベリー)”

TE0726 「ZynqBerry」 は、Raspberry Pi Model 2 と同一形状のFPGAボードです。
Zynq-7010(Cortex A9×2搭載), USBポート×4, イーサネットポート, 512MByte DDR3 SDRAM、16MByte(128MBit)フラッシュメモリなどを搭載しています。

Debian Linuxが動作するサンプルデザインが用意されていて、HDMI出力、CSI(カメラ)インタフェースなどがLinuxから使えるようになっています。

そのほか、SDSoCのサンプルとバウチャーも提供されており、高位合成によるシステム開発を手軽に体験することができるようになっています。

 TE0726_imageTE0726_top

 

TE0726_bottom

♦全製品をご覧になりたい方はこちら

 

♦製品チュートリアルはこちら

 

TE0726-03M “ZynqBerry” の特長

  • Xilinx Zynq XC7Z010-1CLG225Cを搭載
    • 28Kロジックセル、17,600LUT、36k BRAM 60個、DSP80個
    • Cortex-A9を2個内蔵
  • DDR3L SDRAM(512 MByte)
  • Raspberry Pi Model 2 と同形状の基板
  • LAN9514 USB Hub with Eternet
    • USB with power switches ×4
    • 100 MBit イーサネット RJ45
  • Micro SD カードスロット
  • HDMI出力
  • DSI コネクタ (ディスプレイ用)
  • CSI-2 コネクタ (カメラ用)
  • 40ピン ピンヘッダ (26個のI/O。RasPiと同一の配置)
  • Micro USBは以下の用途に使用
    • 電源供給
    • USB UART
    • JTAG ARM and FPGA-Debug
  • 3.5 mm オーディオプラグ (PWM オーディオ出力のみ)

ZynqBerryのバリエーション

ZynqBerryには3つの型番があります。

型番 形状 SoC(FPGA) RAM SPI ROM イーサ 温度範囲
TE0726-03R RasPi2  XC7Z010-1CLG225C 128M 16MB  – 商用
TE0726-03M RasPi2  XC7Z010-1CLG225C 512M 16MB 100M 商用
TE0726-03-07S-1C RasPi2  XC7Z007S-1CLG225C 512M 16MB 100M 商用

この中でも、-03RはRAMが少なく、イーサネット、USB、HDMI、カメラ入出力が搭載されていない基板のみのものです。

-03-07S-1CはCPUがシングルコアとなって、処理能力が劣り、FPGAの容量も減ります。少しでもコストを下げたい場合に選択肢に入りますが、性能の低下に対してそれほど安くなるわけではありません。

当社では最も高機能で標準的なTE0726-03Mのみを標準的に販売していますが、ご必要であれば-03Rや-7007Sの取り寄せもいたします。

ドキュメント

TE0723に関するドキュメントです。リンクをクリックするとTrenz Electronic公式ページにアクセスします。

ダウンロード

使用レポート

その他の情報

ご購入はこちら

https://www.trenz.jp/product-category/zynqberry/