チュートリアル

プロジェクトの作成

プロジェクト・ソースのダウンロード

プロジェクトはGithubからダウンロードします。Windowsにgitを入れている方は目的のディレクトリで、

git clone http://github.com/Xilinx/IIoT-EDDP

とします。

gitを入れていない場合は、上記のURLにアクセスしてZIPで固めてダウンロードしてください。

 

 

ディレクトリの中身は下の図のようになっているはずです。

 

SDSoCプロジェクトの作成

Windowsキーを押してスタートメニューを出し、SDx程度まで入力します。

複数のバージョンをインストールしている場合は、SDSoCの各バージョンの候補が出てきますが、
SDx IDE 2017.2を選択します。

 

 

SDSoCが起動します。

 

 

workplaceとするディレクトリを聞かれるので、先ほど解凍したディレクトリを選択します。

 

 

SDSoCが立ち上がったら、Create SDx Projectを行うか、

 

メイン画面でfile>New>Otherとクリックします。

 

次のようなウィザードが出て、新しいSDxプロジェクトを作成するので、Xilinx>Xilinx SDx Projectを選択しnextをクリックします。プロジェクトの名前はFOC_Buildとします。

なお、FOCとは、Field-Oriented Controlの略です。

 

 

名前を入力したらNextをクリックし、プロジェクトのターゲットとなるハードウェアプラットフォーム選択画面に移ります。

しかし、Arty-Z7がないので、Add Custom Platformボタンをクリックし、プロジェクトの中のフォルダ、
IIot-EDDP-master/SDSoC/platforms/arty_7z_10_focを選択します。

 

 

すると、arty_7z_10_focが追加されるので、それを選択しnextをクリックします。

 

次のような設定になっていることを確認しNextを押します。

 

Field Oriented Control with Web UIを選択しFinishを押します。

 

これでプロジェクトの設定が完了します。

 

TEC0053キットの入手

TEC0053のご購入はこちらから行えます。