チュートリアル

プラットフォームの作成

Windowsのスタートメニューでsdxと入力し、XILINX SDx 2018を起動します。

 

Workspaceのディレクトリを聞かれるので、D:\sdsoc\platformと入力します。

 

SDxが起動します。

 

Create SDx Projectを選択します。もしくは、File→New→SDx Projectでも作成できます。

 

プロジェクトの種類には、Platform Projectを選択します。

 

Platform Specificationのダイアログでは、DSAの出力の章で作ったdsaファイルを指定します。

 

SDxが起動するので、1 Define System Configurationをクリックします。

 

System Configurationダイアログが開くので、

  • Name: standalone
  • Display Name: standalone
  • Boot Directory: D:\sdsoc\boot
  • Bif File: D:\sdsoc\boot\standalone.bif

と指定します。

 

次に、2 Add Processor Domainをクリックします。

 

Domainダイアログが開くので、

  • Name: standalone
  • Display Name: standalone
  • OS: standalone
  • Linker Script: D:\sdsoc\boot\lscript.ld

と指定します。

 

次に、3 Generate Platformをクリックします。

 

Platform generation has completed for 'zsys_nosci'と表示されます。

 

最後に、④ Add to Custom Repositoriesをクリックします。

 

Platform 'zyz_nosci' is added to repositories.と表示されます。

 

これでレポジトリに追加されました。

以後、Vivadoのハードウェアプラットフォームを変更した場合は、File->Export->Harfwareとwrite_dsaを行い、dsaファイルを更新します。その後、③ Generate Platformと④Add to Custom Repositoriesのみ行えば十分です。(①と②の手順は必要ありません)