チュートリアル

ZynqberryでSDSoCを使う方法の説明

目的

このチュートリアルでは、Zynqberryスタータキットをお持ちのお客様向けに、SDSoCを使ってZynqberryのアプリケーションを作成する方法を解説し、Zynqberryを
任意のアルゴリズムをFPGAでアクセラレーション可能なRaspi互換ボード」とすることを目指します。

ここで説明する方法を利用すると、SDSoCに標準として入っていないプラットフォーム、いわゆる
カスタムボード」用のカスタム・ハードウェア・プラットフォームを作ることができるようになります。

Zynqberryスタータキットをお買い上げいただいた方に、以下のファイルをダウンロードを提供しています。

目次

  1. デザインフロー
  2. 作業前の準備
  3. 元デザインの作成
  4. 元デザインの作成2
  5. 元デザインの修正
  6. SDSoC用回路の追加
  7. アトリビュートの付加
  8. DSAの出力
  9. FSBLの作成
  10. エラーの出やすいところ
  11. その他のファイル
  12. プラットフォームの作成
  13. プロジェクトの作成
  14. ビルドとエラー対策
  15. 書き込みと実行
  16. Linux上での実行